Past event…

Event Ended

Slogan

スケジュール / Schedule

Friday

Feb 8
  • Registration Starts
  • Dinner & Networking
  • Welcome & Speakers
  • Pitches Start
  • Attendees vote for the top ideas
  • Teams start forming and discussing ideas
  • Start to formalize teams and take an inventory of skills. Be honest, and direct about what resources and skills are needed for the weekend. You may stay and work as late as the venue will allow

Saturday

Feb 9
  • Arrive, simple breakfast & coffee
  • Teams formed and setting up workspace for the weekend
  • Lunch
  • Call for needs & skills
  • Coaches help teams one-on-one. They are here to help!
  • Dinner
  • Mid weekend check-in, status reports, call for help
  • Finished for the day. You may stay and work as late as the venue will allow

Sunday

Feb 10
  • Arrive, simple breakfast & coffee
  • Call for help (this is self motivated, so don’t be shy)
  • Lunch
  • Coaches arrive… ASK QUESTIONS
  • Gut check. Start prepping for presentations
  • Dinner
  • FINAL PRESENTATIONS
  • Judging & awards
  • Wrapup
  • Go home!
Japan-wide Sponsors
コーチ / Coaches

秋山 智紀

投資家   |  

東京工業大学・大学院で電気電子工学を専攻。在学中に経営戦略コンサルティング会社「マッキンゼー・アンド・カンパニー」でアルバイト勤務を経験、それを契機にドイツ企業から受理していたドイツ行きの内定を辞退、金融業界に進む。その後米マサチューセッツ工科大学のMBA(スローン・スクール・オブ・マネジメント)に留学。帰国後、外資系投資銀行であるメリルリンチ証券、UBS証券などを経て、ベンチャーキャピタリストに転身し、現在に至る。GTIC(Global Techno Innovation Cafe)代表幹事。MIT エンタープライズ・フォーラム・ジャパン(MIT-EFJ)メンター。

Takuya Oikawa

Engineering Manager at Google, Hack For Japanスタッフ   |   LinkedIn

早稲田大学を卒業後、外資系コンピュータメーカを経て、マイクロソフトにてWindowsの開発を担当。Windows Vistaの日本語版および韓国語版の開発を統括した後、Googleに転職。Google Chromeなどの開発をリードする。また、開発者向けイベントでの講演も多数行う。昨年の震災後に、ITで復興支援を行うHack For Japanを立ち上げ、現在も被災地を中心とした支援を行なっている。

NHKプロフェッショナルー2012.1.23 及川卓也ー
Hack For Japan活動紹介

Toshihisa Wanami

IT企業でITサービスマネジメント及びプロジェクトマネジメントのコンサルタントを務める傍ら、数々のITサービスの失敗やデスマーチを経験。長年に渡って新規事業とプロジェクトの成功確率向上のノウハウを探るさなか、シリコンバレーの最先端起業術であるリーンスタートアップと出会う。日本でもより多くの方に普及するために、2010年10月より"Lean Startup Japan"ブログを開設。Meetupやセミナーの開催、コンサルティングの提供を通じて、より多くのプログラマの起業、スタートアップや大企業の新規事業開発を支援している。

Takashi Tsutsumi

VC   |  

総合商社、シリコンバレーのベンチャーキャピタルを経て、2003年から国内のベンチャーキャピタルに勤務(パートナー)。日米アジアにて幅広くベンチャー投資活動を行う。傍ら個人的な活動として「顧客開発モデル」を中心とした講演、レクチャーを精力的に行っている。訳書に『スタートアップ・マニュアル』、『アントレプレナーの教科書』(翔泳社)、『顧客開発のトリセツ』(自費電子出版)がある

スタートアップ・マニュアル

Tim Romero

株式会社 Engine Yard 代表取締役社長   |   LinkedIn

ティム・ロメロは日本在住20年以上、幾つもの企業を育てたシリアルアントレプレナーです。ティムはベンチャー企業が日本の未来の発展の鍵で あると確信し、今日本で起業家でいる事を楽しんでいます。

サンフランシスコを拠点としてEngine Yardの日本拠点、株式会社Engine Yard 代表取締役。Engine Yardは小さなスタートアップをスケーラブルな商用レベルに成長させる事に長けたPlatform as a Serviceのリーディングプラットフォームです。

Masato Iino

大手金融機関、米系コングロマリットといった大企業勤務の後、日米複数のスタートアップの経営に参画。 その後2003年から2012年まで国内VCにてベンチャー投資に取り組む。 2012年4月より西海岸発のハイテクベンチャー、ナント・モバイル取締役副社長に就任。 傍ら個人的な活動として「顧客開発モデル」を中心とした講演、レクチャーを精力的に行っている。訳書に『スタートアップ・マニュアル』(翔泳社)、『顧客開発のトリセツ』(自費電子出版)などがある。

Venue Sponsors
審査員 / Judges

Yutaka Ito

スローガン株式会社 代表取締役社長   |  

2000年東京大学文学部行動文化学科心理学専修課程を卒業後、日本IBMに入社。
システムエンジニア、関連会社にて新規ビジネス企画・プロダクトマネジャー、本社部門のマーケティングを経験。その後、2005年10月にスローガンを設立し、Goodfindを運営開始。
有望なスタートアップ、ベンチャー企業の発掘と成長支援をヒューマンキャピタル面から実行するベンチャーヒューマンキャピタルとしてこれまで100社を超える支援実績がある。
ビジネスコンテスト等の企画、運営・支援、審査経験も多数。

Kengo Ito

Incubation Manager   |  

三井物産情報産業部門にて、ディスプレイ事業、モバイル事業に従事、主に新規事業の立ち上げを担当。シリコンバレー駐在時には、スタートアップ への投資業務を行った。同社より出資していたスタートアップに転籍し、代表取締役を務める。現在はMOVIDA JAPANにおいて、Chief AcceleratorとしてSeed Acceleration事業を統括。グルメイノベーション(宅麺)顧問。

Robert Laing

CEO co-founder of Gengo

Robert is the CEO co-founder of Gengo, a 3-year-old Tokyo-based startup offering a platform and API for language translation at scale. Robert is British/Australian, and has been living in Japan for the last 5 years. Gengo has around 40 staff with offices in Japan and the US. Customers include TripAdvisor, Rakuten and Alibaba, and investors include 500 Startups and Atomico.

Takashi Ueda

日本経済新聞社編集局電子編集本部部次長

 1993年9月、日経ビジネスでインターネットのビジネス利用に関する記事を書いて以来、インターネットビジネスを継続して取材。ベンチャーについても、89年にベンチャーキャピタルと投資先のテクノロジー系ベンチャーを取材して以来興味を持ち続け、97年から取材を本格化した。
 2000年代はじめころから、事業を通じて社会をよい方向に変革したいという志を持つ「社会起業家」の取材にも注力する。
 ベンチャー、起業家、社会起業家、アントレプレナーが大好きな記者。

著作物
・ベンチャー企業の法務・財務戦略(共著、商事法務)
・ベンチャービジネスの回顧と展望(ベンチャー白書)2010年版〜2012版(ベンチャーエンタープライズセンター)

ファシリテーター / Facilitator

DongYol Lee

Startup Weekend Facilitator   |  

(現)日本NPO法人Startup Weekendの理事長
李氏は仕事熱心なエンジニアであり、東京を拠点としている起業家の一人である。彼は世界規模のスタートアップを生み出す方法について熱心に学んでおり、それがStartup Weekendの熱烈なファンになった理由でもある。

Lee is one of hard working engineers and entrepreneurs based in Tokyo. He is eager to learn how to build a worldwide startup. That is why he becomes one of biggest fan of Startup Weekend.

Michael Reinsch

Founding Partner of Mobalean   |   LinkedIn

Michael is a humble man from Germany but based in Tokyo. He said he is a technology enthusiast, developer, and entrepreneur. He is one of best friends of Startup Weekend in Japan and a real doer.
東京でスタートアップウィークエンドをオーガナイザーとしても参加者としても何度も経験している彼はSW東京の過去優勝メンバーでもあるRubyエンジニア・起業家です。

オーガナイザー / Organizers
Shingo Hiranuma
Kazue Matsumoto
写真 / Photos
Blog

【the Startup Interview vol.1】 「起業することって、自分の信じた道で人生を生きるということ」

by swtokyo

【the Startup Interview vol.1】 「起業することって、自分の信じた道で人生を生きるということ」株式会社ジェネストリーム代表取締役 秋貞雄大氏 (聞き手:吉村 創一朗) 吉村)今回からStartup Weekend(以下SW)に関わっている様々な方にインタビューさせて頂くことになりました。第1回目ということで、本日は過去のSWで優勝経験のある、株式会社ジェネストリーム代表取締役の秋貞雄大氏です。宜しくお願いします。 秋貞氏が初めてSWに参加したのはいつだったんですか? 秋貞氏)去年8月パソナで開催されたSWでした。エンジニアを探していて、知り合いに「行ったら面白いよ、エンジニアとも出会えるし!」と言われて参加してみました。思ったより最初の印象は日本ぽくないなって・・・ 吉村)そうですよね(笑) 秋貞)はい(笑)日本は座学的ですが、最初からミニスタートアップをみたいなことを行ってとても実技的ですよね。まあマッチョな企画ではありますよね。白熱した議論をしまくりました。 吉村)どんな3日間だったのですか? 秋貞)その時は別のサービスをピッチしたんですが、結局違う人のチームにつきました。海外の外国人が方が日本に観光に来る際に、日本人が観光案内をしてあげるというサービスです。色々ディスカッションをしてウェブでモックを作って、最終的には優勝することができたんです。 でも途中崩壊の危機がありました。2日目の夜にみんな意見が割れて、そこでメンバーの整理をしたんですよ。最初に企画していたサービスと方向性がずれてマネタイズばっか意識しすぎて、サービス自体がその子が描いていたものと違ってきてしまったんです。「私はこれをやりたかった訳じゃなかったから、これならチーム解散したい。もっと日本を知ってもらうことにフォーカスできない人は降りてもらった方がいいです。」と彼女は言って、結局メンバーは半分くらいになってしまいました。残ったチームのメンバーで、最終ピッチに向けてパート分けを始め、僕はソーシャルから人を引っ張ってくる担当に携わりました。審査員の方には、自分の得意分野を使い皆が理解して一つのサービスを作っているのが素晴らしいと評価されたんです。今でもチームの皆とは交流があって、この前も飲みにいきました。 吉村)僕は「スタートアップ」という環境に置かせて頂いて、周りには思い立って起業された方もいらっしゃいます。前々から現在のサービスを立ち上げようという決意はあったのですか? 秋貞)そうじゃなかったです。そもそももともと起業しようとも考えていませんでした。貯金してなくてお金がなかったんです(笑)でも世界に通用するプラットフォームをいつか作りたいなって、世界を変えたいなってずっと思ってたんです。AppleとかFacebookができているのに、なんで自分ができていないんだろうって疑問が出てきました。きっとNo.1じゃないと嫌なんでしょうね。でもその時は一切ノープランだったので、まずは「未来の当たり前が始まる会社を作る」というビジョンをつくり、その後アイデアを固めながらクウハッカーというサービスの原型ができました。そしてその後、SWに出会ったのです。 吉村)起業された後にSWに参加されたのですね。SWで優勝したサービスをイベントが終わった後も続けようと思ったのですか。 秋貞)リーダーに任せましたが、結局はやらないという判断になったんですよ。でも、サービス自体ターゲットが持つ提案に対してソリューションをしっかりと当てていくことができていたので、そういう意味では自分のノウハウをうまく伝えられました。 […]

Startup Weekends are…

by dongyollee

<This article is written by Startup Weekend HQ for the participants of worldwide> Startup Weekends are… Startup Weekends are 54-hour […]

Customer Development

by swtokyo

Ok guys, time to designate some responsibilities. Make sure someone is responsible for marketing  / Project Management and Customer Development. […]

Skill up workshops!

by swtokyo

Before we do anything, here is a quick introduction to the mentors we have invited to join the next event: […]

© Copyright 2017, Startup Weekend. All rights reserved. Privacy Policy