How To Win At Startup Weekend

by

Winning at Startup Weekend means lots of things. It means learning more than you ever thought you could learn in a weekend. It means meeting more interesting people than you ever thought you’d meet in your lifetime. It means starting something and changing your life.

It also means the judges ranked your team the best.

There is no rubric for judging; make as much progress in each of the areas listed below as possible. Be careful not to put all of your eggs into one basket: don’t make beautiful mockups without validating your idea and don’t build features before you’ve built your core functionality.

Here’s a rundown of what the judges are looking for:

Have you validated your idea and core value proposition with your target customer or market?

You came in with a smashing pitch, rallied a great team, and built some cool stuff. But does anyone care? Have you surveyed other Startup Weekend attendees, facebook friends, and/or people you don’t even know? Have you interviewed anyone who will use your product? If your answer is yes to those questions, you’ve validated your idea and will win bonus points in the eyes of the judges.

Have you figured out the revenue streams that turn the product into a business? 

If the judges were investors, they’d want to know how their investment will turn into cold hard cash. Even better – try to have cash in hand at the end of the weekend from a paying customer.

Does it work? 

Focus your efforts over the weekend on building a functional minimum viable product. Once you’ve validated your idea with customers and built the first iteration of your product, it’s time to begin the cycle again by getting real feedback from real customers on the functionality and usability. Judges are looking for a baseline level of core functionality that can be used to get customer feedback for the next iteration.

How does it look?

Don’t go for pretty, go for usability. Design an interface that encourages people to sign up, pay for, and use your product. But don’t spend too much time on the details. Minimum viable product applies to functionality and design. You’re going to test everything and continue to improve the usability later on. Of course, some great design can be your extra punch here, once you have the usability all worked out.

How do you and your team work together?

Remember: startups get funded when investors believe in the capability and perseverance of the founding team. Demonstrate that you’ve done your homework, that you can execute, and that you know what you’re doing.

For more about what to expect this weekend and the judging criteria check out this video from Steve Blank.

If you have questions about judging at Startup Weekend, or if you want to say hi, email us at

Stay Connected:
Join the Startup Weekend Tokyo on Facebook http://www.facebook.com/StartupWeekendTokyo
Follow @swtokyo

—————————————————————————————————————-

スタートアップウィークエンドで優勝することはとても多くの意味があります。

あなたがまだ知らない多くのことを週末に学べるのです。

あなたの想像を超えた面白い人々と出会えるのです。

何か新しいことの始まりであり、それがあなたの人生を変えるのです。

 

それはつまり、審査員があなたのチームを最高だとランクづけるということです。

 

判断に迷う必要はありません。下記のリストの中で、自分ができるだけの成長をするのみです。

一つのことにすべてを賭けることのないよう、気をつけてください。

あなたのアイディアの正当性の確認なしでは、綺麗なモックアップは作らないでください。

あなたの核となる機能性を構築する前に、機能を実装しないでください。

 

下記に審査員が期待していることを要約します。

 

- あなたは自分のアイディアの正当性を確認したことはありますか? 核となる価値をあなたがターゲットとしている顧客や市場に提案したことはありますか? 

 

素晴らしいピッチを持って参加し、素敵なチームを結成し、イケているスタッフを集めたとしましょう。でも誰が気にしますか?

これまでに、スタートアップウィークエンドの他の参加者や facebookの友達、あなたが知らない人たちに提供したことがありますか?

あなたの製品を使ってくれるだろう人たちにインタビューしたことはありますか?

もし、これらの質問に対するあなたの答えがイエスなら、あなたは自分のアイディアを検証したことがあり、審査員の目にも好感が浮かぶでしょう。

 

- 製品をビジネスとするための収益の流れについて考え付いていますか?

 

もし審査員が投資家であれば、どのように彼らの投資が現金に変わるのか知りたいことでしょう。

この週末の最後に、顧客から得られた現金を所持していれば素晴らしいです。

 

- ちゃんと動きますか?

 

この週末では、実用最小限の製品(MVP)を作ることに注力してください。

一旦、あなたのアイディアを検証し、あなたの製品を組み立て直したら、次はリアルな顧客から機能性と操作性に関するリアルなフィードバックを得て、そのサイクルを繰り返してください。

審査員は、次の改善につながる顧客のフィードバックを得るための基準を満たすレベルがその核となる機能性にあることを期待しています。

 

- 仕上がりはどうですか?

 

上辺を飾らず、使い勝手を追求しましょう。ユーザー登録してもらい、お金を払ってもらい、あなたの製品を使ってもらえるようなインターフェースをデザインするのです。しかし、細かいところに多くの時間を費やしてはいけません。実用最小限の製品(MVP)としての機能性とデザインであること。これからずっとすべてをテストしたり、使い勝手を改善することを繰り返すことになりますので。もちろん、製品の使い勝手がきちんと実現できていれば、素晴らしいデザインは加点ポイントになります。

 

- あなたはあなたのチームは一緒に働きましたか?

 

スタートアップが資金を得られるのは、結成されたチームの可能性と忍耐力を投資家が信じることができた時です。

あなたが自分の宿題をしたか、実行できるか、あなたが取り組んでいることを理解しているか、を実演してみせてください。

 

この週末に期待していることや、審査員の審査基準については、Steve Blankが作成してくれたこのビデオを見て下さい。

 

もし、スタートアップウィークエンドの審査員に質問がありましたら、気軽に私達にEメールを送って下さい。
Join the Startup Weekend Tokyo on Facebook http://www.facebook.com/StartupWeekendTokyo
Follow @swtokyo

(次回のイベントへの登録はこちらへ)