Skill up workshops!

by

Before we do anything, here is a quick introduction to the mentors we have invited to join the next event:

まず、今回のイベントでのメンターをご紹介します!

 

Jason Winder, Co Founder of MakeLeaps - 

Have you ever done business face to face with people? Striking business deals and really understanding the psychology of a customers purchasing decision? No? Look up Jason, he can help.

Jason Winder:『MakeLeaps』共同創業者

あなたはFace to Faceのビジネスに携わったことがありますか?
ビジネス交渉を成功させることや顧客の購入行為の心理学を理解することは?
もしそんな経験がないのであればJasonを捕まえてみましょう!きっと彼が助けてくれると思いますよ!

 

鷲見貴人, CEO of Siempre -

If you build it they will come! ….not necessarily. They have to know you exist too and if you need help with search engine optimization and internet advertising, look him up!

鷲見貴人:『Siempre』代表取締役

「とりあえずプロダクトを作ったら顧客が現れる」というのは、、、残念ですが、そうじゃないかもしれません。
顧客の皆さんに、“あなたがそこに居る”ということを気づいてもらわなければならないのです。
検索エンジン最適化(SEO)やインターネット広告について聞きたいことがあるのであれば、ぜひ鷲見さんに相談してみてください!

 

柳澤大輔,  CEO of Kayac - 

There are many web serves and websites out there, most of them are boring. Don’t be one of them. Kayac is one of the most interesting creative web creators in Japan, if you need help putting all the components together, Yana san can help

柳澤大輔:『面白法人Kayac』代表取締役

世の中にはWebサービスやWebサイトがたくさんありますけど、多くはきっと面白くないないものですよね…だからこそ、あなたはそうならないでください。
Kayacは、よく知られている通り日本で最も面白くクリエイティブなウェブクリエイター集団です。
アイデアがまとまらないなら彼を探しましょう!きっと力になってくれると思いますよ!

 

Mayako Fagerfjäll, Managing Director at Ocean Observations -
http://www.oceanobservations.com/ 

User interaction and experience is the difference between, “meh” and “holy crap, take my money now” if you need a little help here, you should look up Mayako

Mayako Fagerfjäll, Ocean Observationsのディレクター:

UIとUXは全然違うのものです。言うなれば「へー」と「すげー、僕のお金今すぐ持っていきな!」のように。
UXについての助っ人が欲しいならこの方です。ぜひ声をかけましょう!

 

Rest up during Golden Week because as soon as the holidays over, we are going to going hard.

ゴールデンウィークは十分休んでくださいね!
なぜなら、その直後に私達はハードなイベントに参加することになるからです!

 

You know what they say, Go Hard or Go Home!

よくこういう風に言います。
「しんどくなれ、じゃなかったら帰れ!」^^;;

 

Introducing the workshops

ワークショップの案内

We have been running event since 2009 and each on has been crazy fun. Although, it was all fun, we didn’t start with the objective of just parting. With each event, we have been tweaking, improving and experimenting with new ways to create a better event.

我々は2009年からこのイベントをやってきました。毎回ちょう楽しかったです。でも、それじゃ物足りない。楽しむためこのイベントをスタートした訳ではありませんので。我々は毎回の開催で質を高めるため色々なことをトライしてきました。

 

You could say we are being lean ^^

我々はleanスタイルのイベントをやってます。^^

 

So what to us makes a better event?  This speaks to the core of why we do what we do and why we do it. If you don’t care for that, skip to that section to learn about the details of the workshops.

そこでもっと良いイベントを作るため何ができますでしょうか?この質問は我々がなぜこのイベントをやっているのかという疑問につながります。そういうのに興味ない方はここは飛ばしてワークショップの内容詳細に進んでくださいね。

 

If you have read our about page (and I know you probably haven’t) our goal is to help you build launch a startup through a process of learn by doing. Our motto is; No Talk, All Action. We live, breath and die by these words.

我々のイベントページを読んでみると我々の目標があなたが実践を通してスタートアップを立ち上げることについて学べるよう手助けすることだというのを解ると思います。Mottoは No Talk, All Actionです。我々はこの言葉を守ってきました。

 

Here is where we stand:

我々の認識を説明すると:

Study groups (benkyo kai) – Let’s study together

勉強会が「一緒に勉強しましょう」なら、

Workshops – Let’s practice together

ワークショップは「一緒にやってみましょう」だと思います。

 

But why?

しかし、なぜ?

This is more about us the organizers rather than the startup weekend entity itself. If you want to know why, come and ask us. You will probably get a different response. The short answer for all of us is. We are here to help others like us to build a new future.

それは我々オーガナイザーのことよりスタートアップウィークエンドそのものについてのことですね。オーガナイザーの一人一人はそれぞれの思いを込めておりますが、一言でまとめるとすると、我々は人々が新しい未来を作ることを手伝いからこのイベントをやっています。

 

Remember, we are not a Hackathon:

Hackathons builds apps,

we(Startup Weekend) build businesses.

覚えてください。我々はハッカソンではありません

ハッカソンはアプリを作りますが、

我々(スタートアップウィークエンド)はビジネスを作ります。

Without Further ado here are the Workshops: (N.B. These events are only for the attendees attending the next event)

ワークショップの案内です。(このワークショップイベントはメインイベントの参加者のみ参加できます)

 

Business Model Generation and Ideation 

Problem with the recent Startup Boom is that you assume bringing a developer and a designer = Facebook and then woohoo. It takes more than that and what we see is a lack of understanding in business. We will take a look at a tool that might help better visualize and provide you the vocabulary in explaining what you are trying to achieve. We will also have a special guest, a student from Hyper Island to walk you thought Ideation.

ビジネスモデルゼネレーション:最近のスタートアップブームの問題は開発者とデザイナーが出会えばfacebookみたいにすごいものがすぐでも生まれるかもという期待感かもしれません。そう簡単には行かないですね。そこで我々はビジネスが何かという理解が足りないかもと思い始めました。ビジネスの理解を手伝うため準備したのがこのセッションです。このセッションにはHyperIslandから特別ゲストも参加されます。

 

Hacking Startup Weekend

This is for the no technical attendees out there. “If you can’t program, then fake it till you make it” is the mantra!

スタートアップウィークエンドをハッキングします

プログラミングに関するセッションですが、むしろ開発の知識を持ってない参加者たちをターゲットにします。動くプロトタイプを作る時間を節約してイベントの時間を有効活用しましょう。

 

User Experience and Interaction Design

How does your product make life better for your users? What is your true core value? One of the key’s to success is the process of identifying, refining and communicating what it is that you do better than anyone else.

あなたの製品はどうやってあなたのユーザたちの人生をよくするんでしょうか?あなたの本当の中核となつ価値は何ですか?
成功の鍵といえばあなたが他の人よりもっとよくできることが何かを、見極める作業、それを洗練する作業、そしてそれを伝える作業だと言えるでしょう。

Make something people love – But lets start with making something people want.

UI/UXデザイン

人々が恋に落ちるものを作りましょう。もちろん人々がほしがるものであることが前提です。

source via design.org 

Refresher on prizes

賞品について

 

Man, do we care about you guys! If you are planning on building something that will grow overseas, then why not do it from day 1. We are giving away 2 tickets to the judges favorite teams to Startup in Asia and Echelon 2012. The best launchpad events and demo pits in Asia.

海外に進出したいならあなたのスタートアップの第1日目からはいかがですか?優勝チームにStartup in AsiaとEchelon 2012の二つのイベントの参加チケットを2枚ずつ差し上げます。アジアでは最高の発表舞台となるチャンスです。

Finally thank you all for registering and joining us at this event. You guys are the future, can’t wait to see you there.

最後に今回のイベントに参加してくれて感謝致します!あなたは日本の未来です。お会いできることをお楽しみにしております。

 

To folks who couldn’t register and join us in time, terribly sorry about that. We are planning to host small workshops moving forward, it will be a great chance to catch up with us and the community. Ping us any time, the organizing team is comprised of the best most awesome people we know.

登録できなかった方々は残念ですが、次回を利用してください。これからも小さいワークショップなどを開催していくつもりです。コミュニティのみなさんとの交流にもいいと思いますので参加してみてください。では何かあったら気軽に話かけてください。