Next event…

お申し込み / Register

Houzz Japan

女性のための起業イベント、Startup Weekend Tokyo Women vol.3 を開催いたします!

【ルール】

「Women」ということで、アイデアピッチしていただけるのは女性限定です。
男性の方もご参加いただけますが、金曜日のアイディアピッチは観覧し、
エンジニア/デザイナーなどチームメンバーとして活躍していただきます。

【Startup Weekendとは】

Startup WeekendはITイベントではありません。アイデアソンでもハッカソンでもありません。
起業家のためのイベントです!
ですので、IT関係はわからない・・・という方、何の問題もありません。
まだ起業のアイディアが固まっていない・・・大歓迎です。
熱意がある方なら、どなたでもご参加いただけます!

【イベントの概要】

1日目(金曜日18:30~21:30)
ビジネスアイデアがある方は1分間のアイデアピッチ(カジュアルなアイディアの提案)をしていただきます。
アイディアピッチは希望者のみですので、ピッチをしないことを選択するのも自由です。
ピッチ後、投票を行い、選抜後のアイデアでチームを編成し、初日は終了です。

2日目(土曜日9:00~21:30)
朝からチームでアイデアを形にしていきます。

3日目(日曜日9:00~21:30)
最終日。プレゼンに向けて最終仕上げをしていきます。
17:00からは審査員の前で各チーム5分間のプレゼンをしていただきます。

そして、大切なのは、この3日間のイベントが終わった時、その時が始まりだということです。
是非、それを体感しにお越し下さい!
忘れられない3日間となるでしょう。しかし、どんな3日間にするかはあなた次第。
皆様にお会いできるのを楽しみにしております!!

過去のイベントの様子はこちらをご覧ください↓↓↓

◆Startup Weekend Tokyo Women vol.1 のイベントレポート
「輝けWomen! 「Startup Weekend」で起業家精神ハジケた!【@maskin】」
http://techwave.jp/archives/startupweekend_tokyo_woman_2014.html

◆Startup Weekend Tokyo Women vol.2 のイベントレポート
「Startup Weekend Tokyo Women Vol.2に行ってきました!Part1」
http://www.myeyestokyo.jp/49400
「Startup Weekend Tokyo Women Vol.2に行ってきました!Part2」
http://www.myeyestokyo.jp/49504

スケジュール / Schedule

Friday

Mar 4
  • Registration Starts
  • Dinner & Networking
  • Welcome & Speakers
  • Pitches Start
  • Attendees vote for the top ideas
  • Teams start forming and discussing ideas
  • Start to formalize teams and take an inventory of skills. Be honest, and direct about what resources and skills are needed for the weekend. You may stay and work as late as the venue will allow

Saturday

Mar 5
  • Arrive, simple breakfast & coffee
  • Teams formed and setting up workspace for the weekend
  • Lunch
  • Call for needs & skills
  • Coaches help teams one-on-one. They are here to help!
  • Dinner
  • Mid weekend check-in, status reports, call for help
  • Finished for the day. You may stay and work as late as the venue will allow

Sunday

Mar 6
  • Arrive, simple breakfast & coffee
  • Call for help (this is self motivated, so don’t be shy)
  • Lunch
  • Coaches arrive… ASK QUESTIONS
  • Gut check. Start prepping for presentations
  • FINAL PRESENTATIONS
  • Judging & awards
  • Afterperty
  • Wrapup
  • Go home!
Japan-wide Sponsors
コーチ / Coaches

早瀬 由芙

日本デザイン・マーケティング株式会社 代表取締役社長 CEO

1985年愛知県出身。ドイツ居住の経験から日本の伝統的なものづくりに興味を持ち、大学にて建築・デザイン、大学院にてマーケティングを学ぶ。
’10年より伝統食品メーカーにてマーケティング及び新商品開発に従事。
'13年スタートアップウィークエンドに参加。訪日外国人向けサービスを開発。
'14年日本デザイン・マーケティング株式会社を設立、代表取締役社長に就任。同年よりデザイン性の優れた伝統工芸品を中心とした通販サイト「日本デザインストア」を運営。
'16年より海外向け通販を開始。

坂本 達夫

AppLovin Corporation 日本営業部部長

1985年福岡生まれ。楽天・Googleを経て、現在シリコンバレー発のアドテク企業 AppLovin の日本展開を担当。モバイルアプリビジネスのスペシャリスト。'13年スタートアップウィークエンドで「達夫の部屋」と名付けた常設のコーチングコーナーが好評を博す。2児の父で、SNSでのイクメンブランディングに定評がある。

新木 仁士

株式会社meleap COO兼CTO

東京大学大学院を卒業後、富士通株式会社に入社。2014年、世界を圧倒的に面白くするため、株式会社meleapを設立。バーチャルとリアルを掛け合わせた様々なサービスのプロトタイピングを繰り返し、現在はテクノスポーツHADOに専念。モンスター戦、対人戦とラインナップを充実させながら日本各地で展開中。2020年テクノオリンピック開催のために世界展開を図る。誰もが抱いた子供の頃の夢を数多く実現させるため、飽くなき好奇心で日々を楽しむ。

佐々木浩史

プライマルキャピタル代表パートナー

東京水産大学(現 東京海洋大学)・大学院にて、「機能性脂質(多価不飽和脂肪酸やリン脂質等)の脳機能への生理作用」を主な研究テーマに予防医学・食品化学の研究に従事。卒業後には化学品メーカーに就職し、商品の企画・開発や海外化粧品の輸入販売、ECサイト立ち上げ、マーケティング業務等に従事。
2012年7月よりインキュベイトファンドに参画。Incubate Camp 4th〜6thの運営や投資先企業のサポート業務等を行った後、2014年2月に独立。その後もIncubate Camp 7th, 8thの企画運営に関与。
投資先企業12社(2015年9月現在)の事業支援を行っている。
2014年2月、プライマルキャピタル1号投資事業有限責任組合を組成。
2014年11月、プライマルキャピタル2号投資事業有限責任組合を組成。
運用総額:3.6億円(2015年1月現在)

Venue Sponsors
審査員 / Judges

晴香葉子

作家・心理学者・心理コンサルタント

東京都出身。文学修士(コミュニケーション学)。早稲田大学オープンカレッジ講師。日心連「心理学検定」1級。テレビ、ラジオ、雑誌など、メディアでの心理解説実績多数。心理学・コミュニケーション学について、様々な角度から情報を提供している。著書多数。海外でも4冊出版。『現代日本執筆者大事典第5期』に現代日本を代表する執筆者として紹介。現在は、大学院博士課程に在籍し、研究を進めるとともに、執筆・講演・心理監修などの活動を行っている。新刊に『言葉って不思議だと思いませんか?その”言葉”の奥にある人間の心理』(彩雲出版)、『なぜ、いちばん好きな人とうまくいかないのか?』(青春出版社)がある。

町井 恵理

NPO法人AfriMedico理事長

薬剤師。青年海外協力隊としてアフリカのニジェール共和国で、2年間、感染症対策のボランティア活動に従事。ニジェールでの経験から、どうすればアフリカの医療をさらに改善できるか考え続け、グロービス経営大学院へ進学。 「違いがあるからこそ共に学ぶものがある。アフリカと日本の両方を良くしたい」という想いから、AfriMedico設立に至る。

Worked as a Japan Overseas Cooperation Volunteer for infectious diseases control in Niger for 2 years. Experience in Niger made her think how we can improve the medical services in Africa, and decide to attend the Graduate School of Management of Globis University. Established AfriMedico from the belief that “We can learn each other because we have differences each other. We want to improve both of Africa and Japan.”

倉重 宜弘

ネットイヤーグループ株式会社 地域共創グループ グループリーダー

ネットイヤーグループの黎明期からのメンバー。大手企業のデジタルマーケティング戦略立案や、ウェブサイトプロデュース、新規事業立ち上げコンサルティングなどを数多く手がける経験を持つ。2012年より新規事業開発を重点的に手がけ、北海道や沖縄などで地域の観光振興を主眼とした地域共創メディアを開発してその事業化の取り組みを推進したり、NHKエデュケーショナルと共同でメディア事業開発を遂行するなどしている。現在、沖縄セルラー電話が主催する「沖縄CLIP」及び瀬戸内ブランド推進連合主催の「瀬戸内Finder」、NHKエデュケーショナルの事業メディア「みんなのきょうの料理」「すくコム」等のプロデュースを手がけている。

Silver Sponsors
ファシリテーター / Facilitator

Dongyol Lee

Sponsors
オーガナイザー / Organizers
松本かずえ
Takuto Nakamoto
Justin Clune
森本千佳子
野中 瑛里子
写真 / Photos
Blog

【the Startup Interview vol.1】 「起業することって、自分の信じた道で人生を生きるということ」

by swtokyo

【the Startup Interview vol.1】 「起業することって、自分の信じた道で人生を生きるということ」株式会社ジェネストリーム代表取締役 秋貞雄大氏 (聞き手:吉村 創一朗) 吉村)今回からStartup Weekend(以下SW)に関わっている様々な方にインタビューさせて頂くことになりました。第1回目ということで、本日は過去のSWで優勝経験のある、株式会社ジェネストリーム代表取締役の秋貞雄大氏です。宜しくお願いします。 秋貞氏が初めてSWに参加したのはいつだったんですか? 秋貞氏)去年8月パソナで開催されたSWでした。エンジニアを探していて、知り合いに「行ったら面白いよ、エンジニアとも出会えるし!」と言われて参加してみました。思ったより最初の印象は日本ぽくないなって・・・ 吉村)そうですよね(笑) 秋貞)はい(笑)日本は座学的ですが、最初からミニスタートアップをみたいなことを行ってとても実技的ですよね。まあマッチョな企画ではありますよね。白熱した議論をしまくりました。 吉村)どんな3日間だったのですか? 秋貞)その時は別のサービスをピッチしたんですが、結局違う人のチームにつきました。海外の外国人が方が日本に観光に来る際に、日本人が観光案内をしてあげるというサービスです。色々ディスカッションをしてウェブでモックを作って、最終的には優勝することができたんです。 でも途中崩壊の危機がありました。2日目の夜にみんな意見が割れて、そこでメンバーの整理をしたんですよ。最初に企画していたサービスと方向性がずれてマネタイズばっか意識しすぎて、サービス自体がその子が描いていたものと違ってきてしまったんです。「私はこれをやりたかった訳じゃなかったから、これならチーム解散したい。もっと日本を知ってもらうことにフォーカスできない人は降りてもらった方がいいです。」と彼女は言って、結局メンバーは半分くらいになってしまいました。残ったチームのメンバーで、最終ピッチに向けてパート分けを始め、僕はソーシャルから人を引っ張ってくる担当に携わりました。審査員の方には、自分の得意分野を使い皆が理解して一つのサービスを作っているのが素晴らしいと評価されたんです。今でもチームの皆とは交流があって、この前も飲みにいきました。 吉村)僕は「スタートアップ」という環境に置かせて頂いて、周りには思い立って起業された方もいらっしゃいます。前々から現在のサービスを立ち上げようという決意はあったのですか? 秋貞)そうじゃなかったです。そもそももともと起業しようとも考えていませんでした。貯金してなくてお金がなかったんです(笑)でも世界に通用するプラットフォームをいつか作りたいなって、世界を変えたいなってずっと思ってたんです。AppleとかFacebookができているのに、なんで自分ができていないんだろうって疑問が出てきました。きっとNo.1じゃないと嫌なんでしょうね。でもその時は一切ノープランだったので、まずは「未来の当たり前が始まる会社を作る」というビジョンをつくり、その後アイデアを固めながらクウハッカーというサービスの原型ができました。そしてその後、SWに出会ったのです。 吉村)起業された後にSWに参加されたのですね。SWで優勝したサービスをイベントが終わった後も続けようと思ったのですか。 秋貞)リーダーに任せましたが、結局はやらないという判断になったんですよ。でも、サービス自体ターゲットが持つ提案に対してソリューションをしっかりと当てていくことができていたので、そういう意味では自分のノウハウをうまく伝えられました。 […]

Startup Weekends are…

by dongyollee

<This article is written by Startup Weekend HQ for the participants of worldwide> Startup Weekends are… Startup Weekends are 54-hour […]

Customer Development

by swtokyo

Ok guys, time to designate some responsibilities. Make sure someone is responsible for marketing  / Project Management and Customer Development. […]

Skill up workshops!

by swtokyo

Before we do anything, here is a quick introduction to the mentors we have invited to join the next event: […]

© Copyright 2016, Startup Weekend. All rights reserved. Privacy Policy